MENU

思い出も一緒に貯金しよう!お金と幸せを貯められるハッピー貯金とは?

ハッピー貯金について詳しく紹介します。ハッピー貯金は、SNSを中心に話題になった貯金方法です。とてもシンプルな貯金ですが、ただ小銭を入れるだけでなく、幸せだった出来事も忘れずに形にして残しておけます。本記事では、ハッピー貯金の始め方や開封するタイミングについても紹介しているので、参考にしてください!

目次

ハッピー貯金とは?

ハッピー貯金はSNSを中心に話題となった貯金方法で、毎日小さな幸せから大きな幸せまで、日々の出来事を書き留めて置いていく方法です。幸せを貯めるだけでなく、一緒に小銭の貯金もできることから、楽しく貯金ができると人気があります。

ハッピー貯金の始め方

必要な材料

ハッピー貯金に必要な材料は、以下の3つです。

  • 透明な瓶
  • 折り紙
  • ペン

かわいくておしゃれな瓶を用意することで、部屋のインテリアとしてもおすすめです。すべて100円ショップで購入できるので、初期費用も抑えられます。

始め方

  1. 1日の間にあった、幸せだった出来事やうれしかった出来事を折り紙に記入する。
  2. 折り紙に小銭を入れて、キャンディーのように包む
  3. 透明の瓶に入れる

ハッピー貯金は、とても簡単で楽しく行えます。貯金する金額は毎回同じ金額を貯金しても良いですが、財布の中にある小銭を適当に入れることで、ストレスなくハッピー貯金が続けられます。特に金額を決めずに、ハッピー貯金を続けて1年間で15,000円の貯金に成功された方もいらっしゃいます。長く続けるためにも、ストレスをためずに楽しくできる方法を考えましょう!!

ハッピー貯金を開封するタイミング

ハッピー貯金は年始から開始し、年末に開封することがおすすめです。1年あった出来事を年末に振り返ってみてはいかがでしょうか。1年間の思い出とともに、いくら貯金できたか楽しく確認しましょう!

ハッピー貯金を楽しくする一工夫

折り紙をおしゃれにする

ハッピー貯金は、透明の瓶に入れるため中身が見えます。おしゃれな折り紙を使用することで、中身がカラフルになりおしゃれな瓶が出来上がります。折り紙は柄のついたものや、オーロラ紙がおすすめ。好みのデザインの折り紙を使用することで、貯金のモチベーションもアップするでしょう!

折り方を工夫する

小銭を入れて貯金する場合は、ポチ袋のようにして使用しても良いでしょう。また、キャンディーのように包むことで見た目も可愛くなります。コンパクトに折ることで、瓶いっぱいに詰められます。1年間使用するため、なるべく小さい折り方にしましょう。

ハッピー貯金で幸せとお金を貯金しよう!

ハッピー貯金について紹介しました。ハッピー貯金は、使用する折り紙を変えることで見た目も華やかになり、より一層楽しめます。また、開封する際は1年間の出来事を振り返りながら、うれしい気持ちになること間違いなしです。ハッピー貯金で、1年間の思い出と一緒に楽しく貯金を始めましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる